東京で目頭切開を受けて、コンプレックスが無くなりました

魚のようだと言われ目がコンプレックス

魚のようだと言われ目がコンプレックス / 目頭切開をするため東京の美容整形外科へ / 術後は自分の顔を好きになれたので人生を楽しみたい

子どもの頃から容姿に自信が無く、綺麗な子が羨ましくてたまりませんでした。
自分の顔で嫌いな部分はいくつもありますが、その中でも一番気に入らないのが目です。
何故かというと少し離れていて、よく魚のような顔だと言われていました。
魚のようだとからかわれていたのは小学生の間のほんの短い間でしたが、それ以来目がコンプレックスになりました。
少し離れているだけではなく、目自体も小さいので気に入らないことばかりです。
自分の目を少しでも大きく、綺麗に見せたくて高校を卒業するとアイメイクの研究をしたり、まつ毛にエクステを付けたりと色々試しました。
それでも離れている目はどうしようもありませんし、小さくて形の悪いを綺麗に見せることは出来ませんでした。
一生このまま目にコンプレックスを感じたまま過ごすことになるのかと思っていましたが、美容整形をするテレビ番組を見て、気持ちが変わりました。
ほんの少し目頭切開をするだけで、驚くほど目が大きく綺麗に見える人が登場していて、自分の離れた目も何とかなるのではないかと感じました。
東京には、有名な美容整形外科も数えきれないくらいあります。
このまま容姿にコンプレックスを抱えたまま人生を過ごしたくないと思い、目頭切開をすることにしました。